里山里地保全活動

竜王山

竜王山写真

竜王山は、古くから雨乞(あまご)いの山として信仰され、優れた自然景観が多く残されていることから、 大阪府立北摂自然公園に指定され、茨木市のランドマークとなっています。

ところが、林業者の高齢化や後継者不足が問題で、美しい里山景観が失われつつあります。 そこで、地権者と合意のもと、里山再生に取り組みました。近くに農産物直売所「見山の郷」もあり、 地域振興に少しでもお役に立てれば幸いです。

開始時期
2008年12月~

活動報告

2014年12月3日(水)晴れ

今日も寒気の影響で寒い一日でした。参加者6名で竜王山活動地内の作業道(約200m間)の草刈りを行いました。 刈払機での草刈りは寒さ知らずで、額に汗をかきつつ無事に作業を終えました。

作業道沿いに実をたわわにつけた山柿が2本ありました。鳥は食べに来ていません。未だ渋いのでしようか?

2013年6月25日(火)晴れ

活動地の水道施設(下音羽配水池)南側の雑木林は、ちょっと見ないうちに笹の勢いが増し、藪になっていました。 刈払機を使用して笹刈をしましたが、夏の草刈りは大変です。ほんの1時間ほどでシャツは汗でベトベトになりました。

笹刈を進めていくと藪の中でツチアケビやマムシ草を見つけました。

休憩時、眼下に広がる里山景観を眺めると「見山の郷」が見えました。