コロナ禍で活動自粛が続いていますが、スタッフ有志で3か月ぶりに現地へ出かけ、変わりゆく季節の様子をうかがってきました。...

自然工作教室 · 2021/02/03
すでにお知らせのとおり、今月の自然工作教室も新型コロナ感染を避けるため休止となりました。昨年12月の休止から3か月連続のお休みです。この間、私たちスタッフは、毎月の教室に参加を申し込んでいただいた皆さんと一緒に作る工作の準備をしてきましたが、コロナ休止でデビュー機会がなくなってしまい、皆さんと過ごすはずの楽しい時間が途切れたことを残念に思っています。 そこで、今月号では、12月の準備作品から124年ぶりの節分の日までの最新作を特集し、コロナ禍の繋がりを感じていきたいと思います。どうぞお楽しみください。(O)

令和2年最後の活動日は、冬の季節を忘れてしまう穏やかな一日でした。水生班では、冬を迎えて底土にもぐっているはずのギンヤンマ(ヤゴ)を数匹しか見つけることができず、ヘドロ化し始めた底土の除去計画をたてることにしました。野鳥班は、先月にやって来たコガモを含めて8種の野鳥を確認しました。今月は、植物班のオリジナルコメントを写真と共にお届けしますので、穏やかなビオトープの情景をお受け取りください。今年は、コロナ禍で活動は少なかったですが、市民のみなさんと楽しむ機会がありました。応援ありがとうございました。ちょっと早いですが、良いお年をお迎えください。(O) ビオトープ観察開始3年目にして初めて「アオモジ」の花芽を発見。来春の開花が楽しみです。山側には50~60本のアオモジが自生しているが、今まで開花した個体は見たことがありません。A区ではヒヨドリバナやアカバナがたくさん咲いたので種子がたくさん出来ていました。種子散布でさらに増えてアサギマダラが飛来してくることを期待しています。10月以降も全体的に高温が続いているためタガラシ、キツネアザミ、ニョイスミレなどの春の花が咲いています。同じく春の花のコナスビはここでは年中咲いています。(T)

第1グランド北側階段の東斜面にて、艶のある大きな赤い実をつけたシロダモの木を見つけました。実の大きさが1㎝ほどあり密集しているので、離れたところからでもよく目立ちます。青い実から赤く熟すまで1年近くもかかるとのことです。新葉の季節の葉色や生え方にも特徴があり面白い樹木ですね。...

機械安全講習会 · 2020/11/29
・本日の講習会参加者は6名で、すべて茨木市在住の方でした。 ・コロナ感染防止対策の為、教室内はストーブを焚き、窓を開け、送風ファンで送風しながらの講習会となりました。 ・糸鋸盤の実習では、バターナイフ・スプーン等の作品を切り出して、ベルトサンダーでの仕上げを行いました。...

今月から昆虫・鳥類分野のスタッフが参加することになった。早速、越冬にやってきたコガモの群れを確認した。また、繁殖活動を終えたトンボを数匹捕獲したが、いずれも傷み切った羽の様子から寿命が近いようだった。池の水温が10℃近くまで下がり始め、水生生物の数が極端に減り始めていることを感じた。さらに、アカバナやゲンノショウコの三態変化、コナスビ、クサイチゴ、アメリカユキノシタの紅葉を目にして、変わりゆく季節を実感した。(O)

前日までの異常な暖かさが消え、寒さを感じる朝となりました。22回目を迎えた今回、コロナ禍のため子供たちの参加が見送られ、恒例のBBQも中止されました。また、そのためか、参加人数も9名と少数でした。それでも、参加回数が10回前後のベテランの参加が多く、安全に注意しながら10cm前後のヒノキやアカマツ、ソヨゴの間伐作業に汗を流しました。 10年を超える活動のお陰で、陽が差し込む明るい林内に変わり、ヒノキやアカマツの実生があちらこちらに育ち始めました。また、昨年秋、林道から救出移植した実生の苗も育っていました。

環境教育イベント · 2020/11/06
秋晴れの快晴日和に3年生152名と先生9名が、紅葉真っ盛りの里山センターへ来所されました。...

秋のイベント · 2020/11/02
秋晴れの素晴らしい朝で始まった10月最後の土曜日、里山センター恒例の秋のイベントを行いました。始まりのあいさつに続いて、最初のイベントは、自然工作教室です。新型コロナ感染予防のため、4つの部屋に分かれて工作を楽しみました。松ぼっくりを使ったブランコくまさん、竹を使ったドラえもんタケコプターを作りました。午後はイモ掘りと火おこし体験を楽しみました。イモ畑に集まってみんなで掘りはじめると、大きなイモや、小さなイモがぞろぞろと出てきました。全部で、一輪車3杯分のさつまいもがとれました。火おこし体験では、茨木市で見つかった縄文時代の土器をさわったり、遺跡の話を聞いたあと、古代人がやっていたのと同じ方法で、火おこし体験に挑戦しました。また、土器づくり体験では、縄文時代の土人形や犬人形を作りました。

環境教育イベント · 2020/11/02
秋晴れで紅葉し始めた里山センターへ、3年生26名と先生3名で来所されました。 はじめに、斉藤センター長より挨拶とセンターについて案内説明され、新型コロナ対策として2班に分かれて工作(どんぐり飾りと鉛筆ストラップ)に取り掛かり,皆さん真剣に、でも楽しく作成していました。...

さらに表示する